より深くを刺激して痛みを和らげる設計

  • HOME
  • より深くを刺激して痛みを和らげる設計

家庭用電気治療器は、低い周波数帯の電流による「マッサージ効果で筋肉のコリをほぐし血行促進」、高い周波数帯の電流による「痛みの伝達をおさえ、痛み緩和効果」をもつ、家庭で簡単に使用できる医療機器として幅広く認知されています。

低い周波数帯の電流は、筋肉の収縮が起きやすい為、マッサージ効果があるのですが、刺激を感じやすい為、皮膚表面でピリピリ感があります。

高い周波数帯の電流は、刺激を感じにくい為、ピリピリ感を感じにくいのですが、筋肉の収縮が起きにくく、マッサージ効果が薄らぎます。

この問題を解決する為、「リフリーラ」には、治療波(低い周波数帯)に4,000Hzの搬送波(高い周波数帯)を組み合わせた変調波形を搭載する事で、ピリピリ感を与える事なく、従来の約2倍近い20mAまでのより強い電流を患部に流すことが可能になり、深い部分で筋肉の収縮(マッサージ効果)を十分起こす事が出来るようになりました。