ゆずは食べるクスリ

ゆずは食べるクスリ

冬至の日にゆず湯に入ると一年中風邪をひかない。
昔からあるこんな言い伝えに、冬至にはお風呂のお湯にゆずを浮かべるというご家庭も多いのではないでしょうか。
なぜこんな風習が生まれたかというと、ゆず湯には血行を促進して体を芯からあたためるという効能があるからです。
今回は「食べるクスリ」とも言われる、ゆずに関するお話をお届けします。

ゆずには健康にうれしい効果がたくさん

秋から冬にかけて、お料理の引き立て役として使われることが多いゆず。鮮やかな黄色と爽やかな香りで私たちを楽しませてくれますよね。

ゆずは捨てるところがないと言われ、実も皮も種もすべてを利用できます。昔の人はゆずの種を刻んで、痛いところに貼ったりしていたそうです。今で言う湿布のようなものかもしれませんね。

実はゆずの種に含まれるテルペンリモネンノミリンフラボノイド、皮に含まれるヘスペリジンには、血行を促進して痛みを発生させる原因物質を流し、炎症を抑える働きがあるのだそうです。

テルペンには強い抗酸化作用もあり、痛みの発生原因となる活性酸素を除去する力があることもわかっています。昔の人はこうしたことを、経験から知っていたのですね。

また果実にはリモネンクエン酸ビタミンCリンゴ酸が豊富で、疲労回復に役立ちますし、クエン酸、ビタミン、その他の成分が相乗的に働いて、関節炎の腫れやひざ痛、腰痛、神経痛などの炎症性の痛みをやわらげる働きもあるとされています。

関節の痛みだけを考えても、こんなに有効な成分がたくさんのゆずですが、抗酸化、血行改善、整腸、血糖値やコレステロール値の正常化、美白や皮膚の保水など、健康にも美容にも役立つとても優秀な食材です。

とくに皮の部分に有効成分がたくさん含まれていますので、ピールやジャムにするなどして、無駄なく上手に使いたいですね。

おススメのゆずレシピ

【ゆずのはちみつ漬け】
スライスしたゆずをはちみつ漬けにしておけば、簡単においしいゆずドリンクが作れますし、もちろんそのまま食べても美味しいです。
ゆず味噌にしたり、白菜のお漬物に入れても香りが引きたちますね。

【ゆずドレッシング】
ゆず果汁とオリーブオイル、塩コショウで作るゆずドレッシングも、野菜だけではなく魚料理や肉料理など何にでも合う美味しさです。入れる材料や量を工夫して、お好みのドレッシングを作ってみてください。

【ゆず鍋】
寒い冬にぴったりのゆず鍋もおすすめです。豚肉、ねぎ、豆腐を入れた鍋にスライスしたゆずをたっぷりと散らし、ポン酢と大根おろし、ゆず果汁を合わせたタレにつけて食べると美味しいですよ。

【ゆずのホットジュース】
みかん1個に対してゆずを半分の果汁を絞り、お湯で割ったホットジューズは、風邪のひきはじめにもピッタリの飲み物です。お好みではちみつを入れると、喉にも優しい効き目のジュースになります。しょうがの絞り汁を少し入れれば、体を温める効果もさらに高まります。

体が冷えて関節の痛みが強くなりがちな季節に、ゆずはまさしくうってつけの食材です。血行促進効果で体も心もポカポカに温まってくださいね。

関連記事一覧

サイト内検索

カテゴリー一覧