腰痛の場合のソファはどれが最適?買ってはいけない3つのソファを解説

  • HOME
  • ブログ
  • 腰痛
  • 腰痛の場合のソファはどれが最適?買ってはいけない3つのソファを解説

腰痛(ようつう)

腰痛持ちの方であれば、少しでも身体を楽にして過ごそうと、ソファの購入を検討されるケースも多々あると思います。

皆さんは、どんな基準でソファ選びをしていますか?

腰痛の方がソファを選ぶ際は「腰に負担のかかりにくい姿勢を維持できるかどうか」という観点が重要で、巷には腰痛持ちの方が選んではいけないソファというのもあるため注意が必要です。

腰痛持ちの方にNGなソファ 3タイプ


腰への負担は座る姿勢によって異なるため、腰痛持ちの場合、長時間過ごすソファ選びには特に慎重になる必要があります。

まずは、腰痛の場合に選んではいけないソファの3タイプを解説しましょう。

腰痛持ちNGソファ① 座面幅が狭すぎる、もしくは広すぎるソファ

まずはソファの座面幅について、コンパクトなサイズ感のものも、ゆったりした幅広のものも、いずれもお勧めできません。

幅の狭いソファの場合、長時間座っているとどうしても姿勢が崩れ、その結果腰が浮きやすくなります。

腰が浮いてしまうことでその分腰の筋肉に負担がかかりやすくなり、腰痛が悪化する可能性が高くなります。

一方で、幅広サイズのゆったりソファは、腰に負担をかけない姿勢の維持が難しい傾向に。座る位置を膝に合わせると腰が浮き、他方、背もたれに寄り掛かると足が浮きやすくなります。

いずれの場合にも、腰に負担がかかることに違いありません。

腰痛持ちNGソファ② フロアソファ、ローソファ

最近では、インテリアの観点から圧迫感軽減のため、座面と床との距離の近いローソファやマットレス感覚でくつろぐことのできるフロアソファが流行っています。

しかしながら、こちらも腰痛持ちの方には注意が必要です。

フロアソファやローソファの場合、座り方としてはどうしても足を放り出すような姿勢になり、深く腰掛けることができず腰に大きな負担がかかりがちに。

また、立ち上がる際に腰を深く折る姿勢になり、この姿勢から立ち上がろうとするとどうしても腰回りの筋肉に過度な力がかかり、腰の痛みをさらに悪化させる原因となります。

腰痛持ちNGソファ③ 柔らかいソファ

身体がゆったりと包み込まれるような柔らかいソファは、一時的には心地良さが感じられるものの、長時間使っていると猫背になりやすく、椎間板に負担がかかりやすくなります。

短時間身を委ねるのは構いませんが、知らぬ間に腰に大きな負担がかかり、しかもローソファやフロアソファ同様、立ち上がる際に力を込めることになるため、お勧めできません。

腰痛持ちに最適なソファの要件とは?


このように、腰痛持ちの方にとって注意が必要なソファにはあらゆるタイプがあり、実際に選ぶ際には気をつけなければなりません。

それでは、腰痛の方に適したソファとは一体どのようなものなのでしょうか?

ここでは、ソファ選びの際に留意したい2つのポイントをご紹介します。

適度な高さ、座面幅が確保され、正しい姿勢を維持しやすい

腰痛の方にとって、「姿勢の乱れ」はさらなる腰痛悪化を招く要因のひとつとなります。

よって、床から座面の高さ、座面幅から姿勢を維持しやすいかどうかを考える必要があります。

足の裏をつけて座った際に背もたれから腰が浮かないか、また、体勢を変えられるくらいのスペースを確保できるかどうかといった観点で、実際に腰かけてみて選ぶのが良いでしょう。

くれぐれも、ネット通販で安易に選ぶのは止めましょう。

硬めで身体が沈み込まず、骨盤が安定しやすい

加えて、座面の硬さも腰痛持ちのソファ選びには重要です。

具体的には、座った際に身体が沈み込まず、骨盤を立てて座ることができるかをチェックします。

骨盤(腰回り)が安定するようであれば、正しい姿勢維持には問題ありません。

巷ではぐっと沈み込む様な柔らかいソファが人気の傾向にありますが、腰痛の方であれば、しっかり硬さのあるソファでなければ余計に痛みや違和感を悪化させることになりかねませんので、ソファ選びの際にはくれぐれもご注意ください。

免責事項
このサイトは、腰痛に関する情報提供を目的としております。
■ このサイトに記載している内容は、医学的な研究による根拠や証拠に基づいて掲載されていますが、すべての腰痛について効果を保証するものではありません。
■ 腰痛には様々な原因がありますが、まれに重大な病気やケガなどが原因となっている場合があります。万が一そのような病気やケガが発見された場合は、医師の指示に従い、原因となっている病気やケガの治療に専念してください。
■ あらゆる病気やケガの回復には個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。
■ またこちらに記載している運動やストレッチ、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

【理学療法士監修】寺﨑 裕亮

関連記事一覧

サイト内検索

カテゴリー一覧